dnvgl.jp

新規格に対応するためのトレーニングコースをご用意しています

認証機関によるトレーニングで「ムダ無く、かつ経済的」に新規格移行の準備を始めませんか

Contact us:

神戸事務所(本部)【受付時間 土日祝を除く9:00-17:00】 078-291-1321または japan.info@dnvgl.comまで お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
SHARE:
PRINT:
認証機関によるトレーニングで「ムダ無く、かつ経済的」に新規格移行の準備を始めませんか

DNV GLでは、弊社ホームページ等で既にお知らせ致して居ります通り、新規格に対応するためのトレーニングコースを各種ご用意させて頂いています。

移行準備で皆様のご心配点は「これで新規格での本格運用に入ってしまって問題ないか?」ではないでしょうか? ご心配は不要です。 DNV GLが提供するトレーニングは、移行審査でポイント になる部分に焦点をあてた内容となっておりますので、このような懸念、不安 を解決します!

また新規格移行プロセスの中に、各種トレーニング(DNV GLが提供の「ギャップ 分析サービス」も併せて)を、以下のようにご利用されますと、移行作業がいっ そう効率よく進められます。

プロセス図

1. 移行準備
 セミナーやトレーニング等(任意:差分解説トレーニングコース、規格基礎トレーニングコース)を
 活用し新規格の意図を知り解釈を固める

2. 2015版対応システム構築
 事務局様中心に2015版対応システム構築(文書草案)

3. ギャップ分析
 運用前にシステムの構築度合いを確認(任意:ギャップ分析)

4. 運用
 システムの運用開始、内部監査、マネジメントレビューの実施
 (任意:内部監査員養成トレーニング)

5. 移行監査
 定期または更新監査のタイミングで移行監査



【2015版対応有料トレーニング】

状況に応じたコースをご用意しています。詳細・お申込みはこちらお申し込みはこちら2015版対応有料トレーニング
上記だけでなく、個々のお客様のマネジメントシステムに応じた「訪問型トレーニングサービス(インハウストレーニング)」を開発・提案させて頂く事も可能です。

例えば
■箇条4.1&4.2⇒6.1⇒8.1⇒9の一連の流れに特化し、フォーカス
■14001:2015の「付属書A」を要求事項本文と併せ読込むことで規格要求事項の理解を深
 める事にフォーカス
■トップマネジメントのリーダーシップやミッション、これに紐づくマネジメントレビュー
 にフォーカス
■各マネジメントシステムにおいて基盤となるHLS(High Level Structure)に
 フォーカスし、 引続き統合システムマネジメントを理解する
PDFが開きます。 ISO9001:2015 及びISO14001:2015 年版への移行に関するFAQ 代表的な質問をFAQにまとめています。
Contact us ご不明点/お問い合わせは メールにてご連絡ください