dnvgl.jp

Software Update成熟度モデル

SUMS_head

Contact us:

ご質問 ・ お問い合わせは、神戸事務所(本部)【 時間 (土日祝除く) 午前9:00 - 午後17:00 】078-291-1321

お問い合わせメール

ソフトウェアアップデートに関する法規化に伴い、弊社は、業界標準のAutomotive SPICEを基にソフトウェアアップデート成熟度モデル(SUMM:Software Update Maturity Model)を新たに開発しました。本モデルは、ソフトウェアをアップデートする仕組みとそれを管理する仕組み(SUMS:Software Update Management System)を、各組織において担う能力があるかどうかを客観的に評価することが出来ます。

ソフトウェアをアップデートする仕組みとそれを管理する仕組み(SUMS:Software Update Management System)が、国内法規化に伴い、各組織の対応が必須となりました。本成熟度モデルを利用することにより、SUMSの構築や改善に役立ち、かつ、客観的な評価が可能になります。
トレーニング・無料セミナー情報は近日お知らせ致します。




Software Update成熟度モデルの概要

WP.29におけるサイバーセキュリティ関連の国内規則化に伴い、ソフトウェアをアップデートする仕組みとそれを管理する仕組み(以下SUMS:Software Update Management System)が必須となっています。 SUMS構築に関しては、車両メーカはもちろん、車載システムを開発するサプライヤや車両の販売、整備をする販社、量販店など、その協力は不可欠です。特に市場におけるSW問題に対して、そのSWを更新(改修)するサプライヤとの連携は必須であり、それらを実施できる能力の有無を客観的に判断し、一体となったマネジメントシステムの構築が急務です。そのため、サプライヤに対し車両メーカは、SUMSにおける役割や責任を分担する必要があり、それを実施できる能力の有無を客観的に判断し、改善を急ぐことが求められます。

本SU成熟度モデル(以下SUMM)は、各組織がSUMSを担う能力があるかどうかを客観的に評価するために、Automotive SPICEをベースに策定したものとなっており、SUMS全体に関わる以下の活動の組織成熟度を対象としています。

・開発(SW開発更新)プロセス
・ソフトウェアアップデートプロセス
・ソフトウェアアップデートマネジメントシステム認証取得のための準備、計画
・ソフトウェアアップデートマネジメントシステムとしての改善サイクル






Software Update成熟度レベル

ソフトウェアアップデートマネジメントシステム(SUMS)の構築、確立を行える組織の成熟度を示し、ソフトウェアアップデート成熟度レベル3が、効果的にSUMSを運用できている状態を示します。
SUML3が効果的にSUMSを運用できている状態を示す

sums_Capability






Software Update成熟度モデルのプロセス群

本モデルは、業界標準のAutomotive SPICEを基に策定していますが、一部のAutomotive SPICEのプロセスに変更を加え、かつ、サイバーセキュリティ関連や必要なプロセスを追加しています。

sums_processes






Software Update成熟度モデルのプロセスエリア

sums_Process Area






Software Update成熟度モデルコース一覧

トレーニング・無料セミナー情報 は近日お知らせ致します。

Contact us:

ご質問 ・ お問い合わせは、神戸事務所(本部)【 時間 (土日祝除く) 午前9:00 - 午後17:00 】078-291-1321

お問い合わせメール

ご興味に沿った関連サービス: