dnvgl.jp

ネットゼロに向けたエネルギー転換

net_zero

Contact us:

ご質問/お問合せは神戸事務所(本部)【時間 (土日祝除)午前9:00 - 午後17:00】078-291-1321

お問い合わせメール

脱炭素社会実現のためのエネルギー転換(エネルギー・トランジション)の取り組みが加速してます。DNV GLは、温室効果ガスの排出実質ゼロ(ネットゼロ)を目指す企業の長期的な活動を支援しています。

トランジション・ファイナンス

2015年のパリ協定以降、エネルギー政策の転換が世界的に拡大しており、化石燃料に依存する資産を移行リスクとする認識が高まっています。一方でESG投資が世界的に急拡大しており、金融市場は気候変動問題に取り組む企業に対して、積極的に資金を提供する方向にあります。 DNV GLは、欧州市場におけるサステナブルファイナンスの外部評価機関としての豊富な実績から、組織の脱炭素社会への移行を目的とした資金調達(トランジション・ファイナンス)に対して、独立した立場で外部評価サービスを提供いたします。

※トランジションボンド成立の主要検討項目の例
・ 国家戦略との整合
・ 産業/地域戦略との整合
・ 低炭素移行プロセスについての企業方針・コミットメント
・ 環境改善目標(プロジェクト毎に、定量的に)
・ 中長期でのCO2排出量削減活動に向けたベースライン(基準年)の設定






トランジション戦略の構築・情報開示支援サービス
~移行リスクへの対応~

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)は、組織の気候変動への取り組みに関する情報開示を求めています。このTCFDの最終提言を受けて、金融市場が組織のエネルギー・トランジション戦略に注目していることから、気候関連財務情報の開示へ取り組む企業が増えています。 DNV GLは、組織の低炭素経済移行に向けたエネルギー・トランジション戦略策定において、リスク・機会評価、シナリオ分析、事業(財務)インパクト評価等の実施を支援します。




DNV GLの「エネルギー転換の展望 (Energy Transition Outlook) 」

世界のエネルギー利用と生産においては、大きく急速な変化が起きています。DNV GLでは、当社の深い専門性に基づき、独自のエネルギー転換の展望(Energy Transition Outlook)を、ウェブサイトに年次公開しています。ETOは、2050年までの全体のエネルギー構成比から、石油・ガス、電力および再生可能エネルギーにおけるセクター別の見通しに及んでいます。 報告書の無料ダウンロードはこちらから:https://eto.dnvgl.com/  










お問い合わせ
ご質問・お問い合わせは
神戸事務所(本部)【受付時間 土日祝を除く9:00-17:00】
078-291-1321または japan.info@dnvgl.comまで
お気軽にお問い合わせください。

Contact us:

ご質問/お問合せは神戸事務所(本部)【時間 (土日祝除)午前9:00 - 午後17:00】078-291-1321

お問い合わせメール