dnvgl.jp

Breadcrumbs

企業のビッグデータの活用状況

SHARE:
PRINT:
Molecule network

大量かつ多様なデータを扱うビッグデータの活用は、大きな潮流となり、新しいイノベーションが起こることが期待されています。企業にとって大きなビジネスチャンスともなり得る可能性をもっていることから、この数年間で関心を大いに集め、活用法が模索されています。

この調査は、関連企業1,189社を対象に行ったビッグデータに関してのアンケート結果です。



SUMMARY:

■回答者の52%が、ビッグデータを脅威よりも、ビジネスの機会として捉えている。
■回答者の1/4は、ビッグデータに関する明確な戦略を持っている。
■回答者の23%は、ビッグデータの使用が、意思決定、顧客体験、費用節減の
 効率化に寄与すると考えている。
■回答者の約半数は、ビッグデータ活用について、社内のみで開発を行い、20%は
 外部パートナーと協業を行う。
■回答者の76%が、ビッグデータ活用に関して予算を増大させることを予定している。

詳細な調査結果については、報告書をダウンロード頂くか、より直感的なInfographicをご覧ください。