dnvgl.jp

浮体式洋上風力発電

自信をもって商業化を実現するために
Hywind Scotland floating offshore wind turbines at Buchan Deep

Hywind Scotland浮体式洋上風力発電 画像著作権:Equinor / Øyvind Gravås / Woldcam

Contact us:

内田 行宣

内田 行宣

日本 カントリーマネージャー DNV GL エナジー

エネルギー変革の次の段階では、新エネルギー導入・推進へのコミットメントが求められます。浮体式洋上風車は、風力発電用地の選定に新たな可能性を切り拓きます。浮体式風力は、よりクリーンなエネルギー供給への移行において重要な役割を担い、DNV GLの試算では、その発電量は現在の100 MWから2030年には10 GW、2050年には250 GWへと、世界的な成長が予測されます。  

最初の試験機・実証プロジェクトの成功を受け、浮体式洋上風力は商業化に向けて一歩を踏み出しました。この技術がコストと信頼性という主要課題を克服した暁には、LCOE(平準化発電コスト)は2030年には$75/MWh、2050年には$40/MWhまでに低減すると試算されています。未知の領域からの挑戦を受け、多くの新しい概念設計や市場プレーヤーが登場する中、業界にとって、リスクを最小限に抑え、プロジェクトの成功確率を最大限に高めるために、可能な手段が全て講じられていることを担保できる確証が必要となります。


DNV GLの中核拠点が提供するグローバルな専門的知見

DNV GLは、安全で、信頼性が高く、コスト競合力のあるプロジェクトを開発するためのデジタルツールと指針を提供することにより、浮体式洋上風力発電の商業 化を推進します。弊社は、自ら開発・定義した技術規格、国際的な活動実績、洋上技術のリスク管理における150年の経験に基づき、新技術を世界各地で展開するために必要とされる確証をステークホルダーに提供します。



弊社は、洋上風力、海事業界、石油&ガスの分野で構築した経験を活かして、浮体式洋上風力プロジェクトをサポートしています。

Contact us:

内田 行宣

内田 行宣

日本 カントリーマネージャー DNV GL エナジー

サービスを探す

サービスを検索します。お探しのサービスがみつからない場合は、本サイト全体を対象として検索してみてください。

See all results: {- all.amount -}
全てのサービスを見る

Commercializing with confidence