dnvgl.jp

東北電力グリーンボンドに対し、気候ボンド基準2.1版及び関連する技術基準への適合性検証を実施

dnvgl_logo

DNV GLは、東北電力グリーンボンドに対し、気候ボンド基準2.1版及び関連する技術基準への適合性について検証を実施致しました。

DNVGL_logo_300px
東北電力

DNV GLは、東北電力株式会社(以下「東北電力」)が発行する予定の東北電力グリーンボンド[東北電力株式会社第517回社債(一般担保付)(グリーンボンド)]に対し、気候ボンド基準(Climate Bonds Standard: CBS)2.1版及び関連する技術基準への適合性について第三者機関として検証を実施致しました。

東北電力グリーンボンドは、旧一般電気事業者で初の発行であり、更に国際的に通用する技術基準(プロジェクトのグリーン性評価規準)を定めるCBI(Climate Bonds Initiative)により認証を受領した国内でも数少ないグリーンボンドです。今後、国内外から注目が集まることが期待されます。

東北電力は、ESG経営を推進し、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献していくという東北電力の方針のもと、今回グリーンボンドとして調達する資金を全て、再生可能エネルギーの開発、建設、運営、改修に関する事業への新規投資およびリファイナンス等に限定し充当される予定です。

グリーンボンドの発行により東北電力は、資金調達リソースの拡大を図るとともに、幅広いステークホルダーの皆様に理解を深める活動を実施される予定です。










ご質問・お問い合わせは
神戸事務所(本部)【受付時間 土日祝を除
く9:00-17:00】 078-291-1321 または japan.info@dnvgl.comまで
お気軽にお問い合わせください。


■DNV GLについて
DNV GLは、150年間続くあらゆるリスクマネジメントに関する様々な活動を行う先駆的国際機関として、世界100ヶ国以上、300の事務所、85もの様々な国籍を持つ16,000人のスタッフが認証、アセスメント、船級等々の分野でサービスを提供しています。積極的に研究開発へと継続的に投資しているため、従業員は高度な専門性と資格を有する集団としてサービスを提供することが可能となっています。