dnvgl.jp

サイバーセキュリティオンラインセミナーを8月末に開催

dnvgl_logo

8/28(金)、オンライン・無料で実施する「サイバーセキュリティセミナー」を開催致します。

teams live

実施概要

 6月24日に国連のWP.29(June 2020 Session)において、SU法規案が 採択されました。
Software Updateに係る法規であり、適用車両は、 Category M/N/O/R/S/Tの車両となります。CS法規とは違い、国際基準の具体的な参照先であるISO/AWI 24089は、 議論が始まったばかりであり、法規の解釈を具現化する手立ては、自社で 確立していく必要があります。その具現化の1つの手段として、DNV GLは ASPICEが有効であると考えております。また、CS法規やISO/SAE 21434 への対応として、ASPICEではサイバーセキュリティの議論がされており、 現行プロセスに加えて、CSの能力評価の要求が来ることも想定しなければなりません。  

本セミナーでは、WP.29 SU RegulationとASPICEの関連性、CS対応におけるASPICEの勘所について、ご紹介を致します。 
#既に450名超のお申込みを頂いておりますので、参加ご希望の方はお早めにお申し込みをお願い致します。
  

 

日時

2020年8月28日(金) 13:30 ~ 16:00


開催方法

ライブ配信
※ Microsoft Teamsを利用したオンラインセミナーとなります。


プログラム

1. SU 法規概要(仮)
 講師:DNV GL / エキスパート 溝口 誠一郎

2. SUプロセスとASPICEの関係性(仮)
 講師:DNV GL / エキスパート 近藤 聖久(ASPICE Principal Assessor)

3. CS対応におけるASPICEの勘所(仮)
 講師:DNV GL / エキスパート 宮崎 靖一(元ISO/SAE 21434国内委員)




参加申し込みURL:

https://webmagazine.dnv.co.jp/cybersecurity_sem_y2020_2.html





ご質問・お問い合わせは
神戸事務所(本部)【受付時間 土日祝を除く9:00-17:00】
078-291-1321 または japan.info@dnvgl.comまで
お気軽にお問い合わせください。






■DNV GLについて

DNV GLは、150年間続くあらゆるリスクマネジメントに関する様々な活動を行う先駆的国際機関として、世界100ヶ国以上、300の事務所、85もの様々な国籍を持つ16,000人のスタッフが認証、アセスメント、船級等々の分野でサービスを提供しています。積極的に研究開発へと継続的に投資しているため、従業員は高度な専門性と資格を有する集団としてサービスを提供することが可能となっています。