dnvgl.jp

SMBCへのPIF原則評価

dnvgl_logo

DNV GLは三井住友銀行のポジティブ・インパクト金融原則に沿った金融商品に対しセカンド・オピニオンを提供

DNVGL_logo_300px

株式会社三井住友銀行(以下、「SMBC」)は、企業の事業活動が環境・社会・経済にもたらすインパクト(ポジティブな影響とネガティブな影響 )を包括的に分析・評価し、サステナビリティ経営の実現に向けた活動を継続的に支援することを目的とした、ポジティブ・インパクト金融原則(以下、「PIF原則」※)及び、資金使途を特定しない企業向け金融商品のモデル・フレームワークを独自に評価する仕組みを構築しております。 DNV GLはその評価システムに対し、PIF原則及びモデル・フレームワークへの適合についてセカンド・オピニオンを提供しました。
また、SMBCの借手企業様を対象に、SMBCのPIF原則適合型金融商品の評価基準に合致した取り組みであることを評価させていただくサービスを提供いたします。適合が確認できた場合は、その証として適合書簡が発行され、選定されたポジティブ・インパクトの外部評価を通じ企業のESG/SDGs活動へのアピールに繋がることが期待できます。
DNV GLはこのポジティブ・インパクト原則を通じた金融商品に関わりながら専門的な立場で評価を行う第三者レビュー機関として社会的責任を果たしてまいります。  


※ポジティブ・インパクト金融原則について
ポジティブ・インパクト金融原則(以下、PIF 原則)は、国連環境計画・金融イニシアティブ(以下、UNEP FI)が2017 年1 月に世界の主要な金融機関19 社とともに、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向け、金融機関が積極的な投融資を行うための原則として策定したものです。PIF 原則は、すべての金融機関や投資家に対し、資金提供先企業のネガティブな影響を軽減し、現実的かつ信頼性のある方法でポジティブな影響を高めるための資金提供のあり方を定めています。PIF 原則は「定義」「枠組み」「透明性」「評価」の4 つの原則で構成されています。





ご質問・お問い合わせは
神戸事務所(本部)【受付時間 土日祝を除く9:00-17:00】
078-291-1321 または japan.info@dnvgl.comまで
お気軽にお問い合わせください。


■DNV GLについて
DNV GLは、150年間続くあらゆるリスクマネジメントに関する様々な活動を行う先駆的国際機関として、世界100ヶ国以上、300の事務所、85もの様々な国籍を持つ16,000人のスタッフが認証、アセスメント、船級等々の分野でサービスを提供しています。積極的に研究開発へと継続的に投資しているため、従業員は高度な専門性と資格を有する集団としてサービスを提供することが可能となっています。