dnvgl.jp

Breadcrumbs

JARI共催イベント『自動車機能安全カンファレンス2015』にて弊社講演

SHARE:
PRINT:
dnvgl_logo
インプレス主催、日本自動車研究所(JARI)共催『自動車機能安全カンファレンス2015』に弊社は協賛し、講演致しました。
  • Published:
  • Author:
  • Keywords: Business Assurance

3/11(水)に東京ソラシティカンファレンスセンターにて行われたインプレス主催JARI共催『自動車機能安全カンファレンス2015』にて、弊社シニアテクニカルエキスパートの山下が登壇致しました。
今カンファレンスは、国内外の自動車技術の動向に精通するエキスパート、及び、E/Eシステム開発に関する専門知識を豊富に有するエンジニアが一堂に会し、共に国内外のISO26262に関する情報を共有し、規格適用や取り組みを業界に発信するイベントです。OEM、Tier1,2,3,関連中堅企業およびハード・ソフトベンダーを含めた一般技術者450名超の来場者が、聴講、人的交流や意見交換の場として参加致しました。

弊社はプリンシパル・テクニカル・エキスパートの山下修平が「安全論証における安全コンセプトの役割と推奨アプローチ」として講演では、ISO26262における安全ケースのあり方の確認/安全コンセプトの役割と関連する規格要件を整理致しました。 この中で山下は、
ISO 26262において重要成果物と位置づけられている安全ケースのあり方を確認し、安全設計の説明性確保の道具立てとして安全ケースが求められている、としました。
また、安全ケースの中核をなす安全論証における安全コンセプトの役割と関連する規格要件を整理し、解説致しました。
最後に、デコンポジションや共存の意味合いを点検し、安全コンセプトを合理的に説明する推奨アプローチと関連の活動を紹介いたしました。

会議は朝から夕方まで、ランチセッションを挟んで終日行われました。その後の立食懇親会でも議論は続き、参加者同士の情報交換や人的交流が行われました。

自動車機能安全カンファレンス 2015




ご質問・お問い合わせは
神戸事務所(本部)【受付時間 土日祝を除く9:00-17:00】
078-291-1321 または japan.info@dnv.comまで
お気軽にお問い合わせください。



■DNV GLについて
DNV GLは、150年間続くあらゆるリスクマネジメントに関する様々な活動を行う先駆的国際機関として、世界100ヶ国以上、300の事務所、85もの様々な国籍を持つ16,000人のスタッフが認証、アセスメント、船級等々の分野でサービスを提供しています。積極的に研究開発へと継続的に投資しているため、従業員は高度な専門性と資格を有する集団としてサービスを提供することが可能となっています。