dnvgl.jp

Breadcrumbs

ガスは低炭素未来に向けて優れたエネルギーとなる

SHARE:
PRINT:
Elisabeth Tørstad, CEO - DNV GL - Oil & Gas speaking at IGU
2015年12月15日 IGUフォーラムがノルウェー・オスロにて開催されました。
  • Published:
  • Author:
  • Keywords: Oil & Gas

2015年12月15日 IGUフォーラムがノルウェー・オスロにて開催されました。エネルギー需要が国際ガス連盟( IGU )フォーラムにて試算されたのは、世界で2050年までに50%以上増加すると予想されています。 DNV GLは、より安全で持続可能なエネルギー供給のために、天然ガスを重要なエネルギーと位置づけています。

天然ガスを使用するとことで、温室効果ガスの観点やCO2削減目標達成により寄与することができるとみられています。また化石燃料に比べ、低炭素、費用対効果の高い燃料として環境配慮が高いものであると認識されています。課題は、ガスはクリーンで利用可能な安価でであるという利点が、「経済の発展」「資源・エネルギーの確保(かくほ)」「地球環境の保全(ほぜん)」というエネルギーのトリレンマを解決するのに役立つことができることを広く認知させることでしょう。

DNV GL オイル&ガス最高経営責任者のエリザベートトルスタッドは、「世界は今後増加する再生可能エネルギーや低炭素なインフラを開発しながらも、高いエネルギー需要を満たしていかねばなりません。天然ガスは、その困難な問題を解決する一つの答えになり得るでしょう。次の30年間を計画する際、天然ガスが重要な役割を果たすべきです。」

発電のような天然ガスを多く必要とするセクターに加えて、DNV GLは、輸送業界において需要が高まると見ています。 「小規模LNGプラントやガスでは、より手頃な価格で環境配慮が可能なソリューションとなり、それは今後数年間で重要な役割になる」と彼女は付け加えました。

エネルギー政策としても、天然ガスは、エネルギーの可変量を提供し、太陽光や風力などの再生可能エネルギーと組み合わせることができます。また天然ガスは、エネルギー供給を安定化し、グリッド内の再生可能エネルギーの割合を増加させるのを助けることができます。 DNV GLは炭素回収、利用及び保管(CCU)で使用される技術を認定し、蓄積サイトの完全性を検証することにより高い技術力が認められています。
「克服しなければならないより多くの障害物が存在するしますが、持続可能なエネルギーミックスに向けたプラットフォーム構築を強制的に進めるのであれば、技術開発や協業とともに、規制や政治的枠組みも必要となるでしょう」

最後にトルスタッドは、「我々は、エネルギー効率を高め、排出量を最小限に抑えるための研究開発し、業界全体に提案していきます。 DNV GLは現在の厳しい市場環境であっても、研究開発に年間売上高の5%を投資し、産業の持続的発展に貢献することにコミットしています」と述べ、この分野での弛まぬ技術開発を約束しました。


■DNV GLについて
DNV GLは、150年間続くあらゆるリスクマネジメントに関する様々な活動を行う先駆的国際機関として、世界100ヶ国以上、300の事務所、85もの様々な国籍を持つ16,000人のスタッフが認証、アセスメント、船級等々の分野でサービスを提供しています。積極的に研究開発へと継続的に投資しているため、従業員は高度な専門性と資格を有する集団としてサービスを提供することが可能となっています。