dnvgl.jp

Breadcrumbs

国連の人身取引撲滅キャンペーン'End Human Trafficking Now!(EHTN!)'フォーラムに参画

SHARE:
PRINT:
DNV GL
DNV GLは国連およびGlobal Initiativeが主催する人身取引撲滅キャンペーン'End Human Trafficking Now'のアドバイザリーコミッティーの一員として、本麺も、積極的に参画
  • Published:
  • Author:
  • Keywords: Business Assurance

昨年末、エジプト・ルクソールで二日間にわたって行われたフォーラム「Luxor International Forum」にDNV GLも参加し、政府機関やNGO,また企業同士が団結して、人身取引禁止に関してベストプラクティスの共有、撲滅へのロードマップを確認致しました。

このフォーラムにおいて、DNV GL COO Bjorn K. Hauglandは、講演し、「社会的な問題をおざなりにしていては、企業活動が成功するはずがない」として、このキャンペーンを強く支持することを表明し、人身取引撲滅を唱ったAthens Ethical Principlesにサイン致しました。
「あらゆる組織体が一致して解決の方向を見出さねばならないだろう。たしかに法律や規制はこの解決を前進させるものだが、我々企業組織もまた、重要な役割を担っていることを認識せねばならない」と、企業側からの強い働きかけを呼びかけました。

現在、国際社会において人身取引は、各国の企業活動が全面化することで、深刻な問題に直面しています。人身取引は、強制労働や過度な低賃金労働、労働者の不当な拘束など多くの問題を内包しています。貧困や国際犯罪組織の活動を背景とする人身取引(トラフィッキング)年々増加し、推定では全世界400万~2700万人の人々がそのような環境に置かれています。また近年は児童の強制労働問題も急増しています。

この会議においては、人身取引撲滅キャンペーンの『First-ever Business Leader’s Award』が発表され、イギリス・サセックス州に本社を置くTHE BODy SHOP担当ディレクターChristopher Davis、世界的なホテルチェーンであるカールソン・ホテルズ・ワールドワイドの前CEOのMarylin Carlson Nelsonが受賞を受けました。

DNV GLイギリス・リスクマネジメント&CSRユニットのNili Safaviは、すでにこの活動に3年以上関わっており、アドバイザリーコミッティーのコーディネーター、受賞者の選定者として積極的に関与しており、
「DNV GLは社会の倫理的、サステナビリティの面を拡げていく活動をこれからも続けていきます。特に企業は社会的責任や倫理的なサプライチェーンを通じて、このような問題は今後も避けて通れない問題なのです。我々DNVは、企業におけるこのようなリスクを軽減させる活動をサポートすることに一層力を入れたいと考えています。」
我々の知識や経験をもとにイニシアティブを取ることが、サステナビリティな社会の実現であるとSafaviは締めくくりました。