dnvgl.jp

Breadcrumbs

サブシー技術やシステムの標準化が迅速な技術革新を可能に

SHARE:
PRINT:
サブシー技術やシステムの標準化が迅速な技術革新を可能に
サブシー技術やシステムの標準化が迅速な技術革新を可能に
  • Published:
  • Author:
  • Keywords: Oil & Gas
Tore Myhrvold, DNV GL
Tore Myhrvold, researcher and lead author of the paper, DNV GL
Elisabeth Tørstad, CEO,  DNV GL - Oil & Gas
Elisabeth Tørstad, CEO of DNV GL – Oil & Gas

新しいサブシー技術やシステムが意図する機能であるか信頼性を構築するために、導入前にそれらを検査する必要があります。しかし、現在の海中技術資格( TQ )のプロセスは、非効率的で時間が掛かり過ぎており、多様な方法を活用することは困難な状態です。DNV GLは、標準化されたシステム要件のアプローチとサブシーでの技術革新を容易にするための業界共通化を推進しています。

「海底システム要件 - 標準化されたアプローチに向けて」と題された新たな方針書は、DNV GL戦略研究&イノベーションユニットによる二つの提言と提案が含まれています。 ”新しいサブシーシステムへの信頼をより迅速で効率的な方法で明示することができますか” ”すでに認証された技術が、再利用時において同様のシステム/微細な異条件下であった場合、効率的方法で信頼性を示すことが可能ですか”
3つのステップで技術開発と実装を可能にすることを提案しています。:

1)業界共通の原則を確立し、既存の業界の手続きに設立されたシステムの資格のための共通のフレームワークを統合
2)システムの上流である石油・ガス産業セクター共通の要件決定
3)標準化に向けて推奨された導入手法を共同開発

「サブシー業界では、コスト削減を達成し、また複雑なフィールドの開発などの重要課題を克服する必要があります。同時に、今後は、サブシーでの統合されたプロセス、電力、制御システムを必要とするより複雑なシステムに向かっています。インタフェースはより複雑になるため、統合の成功の可否は、システムレベルでの安全性と信頼性を適切に確保することが重要になります」と提言書の主著であり主任研究員のDNV GL Myhrvoldが強調します。

「サブシー技術において標準化されたアプローチを開発することは、開発企業が関連技術の開発を容易にし、全体的な開発時間を短縮することで、最終的に高速な技術革新を可能にするでしょう」

事例では、開発の初期段階で標準化要件に焦点を当てることは後期試験における失敗のリスク低減に繋がることが示されています。このような工場受け入れテスト(FAT)やシステム統合テスト(SIT)などの後に開発段階で実行されるテストの失敗やエラーが、作業のやり直しや設計プロセスの不要な重複をもたらす可能性があるため、修正毎に時間や費用が掛かることになります。

DNV GLの提言書は、新規サブシーシステムの迅速かつ効果的な開発と実装を可能にするために、開発の初期段階における標準化要件に工数を掛けることを提案しています。 提言書ではまた、モデル化された分析方法のプロセスは、現在の高価な物理試験に代替するか、併用することで、効果的で安全な手法になり得ることを示しています。これらの代替手法は、パラメータ変動の影響を探知し、サブシステムまたはひとつのコンポーネントの変化が、システム全体のパフォーマンスにどういった影響をあたえるかを算出することが可能です。共通なモデリングプラットフォームを確立ため、非侵襲型の数値モデリングツールを使用することで、多様な検証されたモデルが、テストシステムにおける挙動確認や障害に対するシステムの必要要件確認として使用することが可能となります。

「サブシーで標準化を推進するための取り組みは、コストを削減し、より高速なイノベーションを実現する新技術の信頼性を高めるためです。例えば、事例をもとにしたサブシー鍛造における文書化は、オペレータにとって有益な情報として機能しています」 と、DNV GLオイルアンドガスセクター最高経営責任者(CEO)エリザベートは締めくくりました。