dnvgl.jp

Breadcrumbs

「食の安全に関する講習会」セミナー開催され、弊社講演

SHARE:
PRINT:
DNV GL
6/21(水)に富山市内にて「食の安全に関する講習会」が行われました。 地元の多数の食品企業関係者の方に参加いただき、弊社も講演致しました。
  • Published:
  • Author:
  • Keywords: Business Assurance
toyama_food_sem_1
会場全景
toyama_food_sem_2
toyama_food_sem_3
toyama_food_sem_4

概要

6/21(水)に富山市内にて、「食の安全に関する講習会」が行われました。 当日は地元の多数の食品企業関係者の方に参加いただき、講演者による講習、その後質疑応答が行われました。まず、地域ブランド後押し本舗理事長寺嶌氏の挨拶にてこの講習の目的を述べられた後、弊社長谷川が登壇しました。

冒頭DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパンF&B部の長谷川は、「安全」ということをキーワードとして、企業がどう食品安全を確保していけばいいのかとし、過去の食品事故ついて言及致しました。次に、不安を取り除くためには、仕組みを見える化し、外部に対して説明可能になるとしました。また、安全管理体制を構築し、信用を向上することにより不要なトラブルが減り、経費削減も可能となるとして、食品安全基準導入は有用であるとし、HACCPやFSSC22000の例を挙げました。

次に山崎正治氏が新たな地域ブランドづくりについて話されました。その中で、富山での新たな活動として、地元を活性化するための地域ブランド創出の場づくりを提供し、安心安全な食品を提供できる体制を目指したいと語られました。また、活動していく中で情報を共有する場を作り、行政と連携しながら地域ブランドを作っていく背中を後押しをサポートしたいと話されました。

講演終了後、参加者から質疑応答がなされ、セミナーは終了致しました。
DNV GLは、地域行政や企業と活発に連携し、食品安全の一助となるべく活動しています。


ご質問・お問い合わせ

神戸事務所(本部)【受付時間 土日祝を除く9:00-17:00】 078-291-1321 または japan.info@dnvgl.com まで
お気軽にお問い合わせください。



関連サイト及びドキュメント:




■DNV GLについて
DNV GLは、150年間続くあらゆるリスクマネジメントに関する様々な活動を行う先駆的国際機関として、世界100ヶ国以上、300の事務所、85もの様々な国籍を持つ16,000人のスタッフが認証、アセスメント、船級等々の分野でサービスを提供しています。積極的に研究開発へと継続的に投資しているため、従業員は高度な専門性と資格を有する集団としてサービスを提供することが可能となっています。