dnvgl.jp

Breadcrumbs

東京の日本橋にて第3回DNV GL食品サプライチェーンフォーラムが開催

SHARE:
PRINT:
foodevent2016
東京の日本橋にて第3回DNV GL食品サプライチェーンフォーラムを開催致しました。
  • Published:
  • Author:
  • Keywords: Business Assurance
foodevent2016_001
会場雑景
foodevent2016
懇親会にて参加者同士の交流が行われました。

10/21(金)東京の日本橋にて第三回食品安全セミナーが開催されました。 DNV GLからの開会の挨拶の後、登壇したConsumer Goods Forumのジェネラル・マネージャー 朝長哲様は、GFSI(Global Food Safety Initiative)の活動をご紹介頂きました。消費者にも安全な食品を届けるというGFSIの活動意義を話され、 企業にとって統一した基準で行うコストや手間軽減のメリットを述べられました。

次に登壇した農林水産省食料産業局バイオマス循環資源課 鈴木健太様は、問題になっている食品ロスについてお話頂きました。加えて、食品産業におけるリサイクル率についても 言及されました。製造業に比べて外食産業のリサイクルが進まない実態を示され、フードバンクの活動を話されました。 また食品ロスの関係省庁の取り組みや関係自治体との関係にも触れられました。

休憩後、DNVGL ビジネス・アシュアランスのグローバル・マーケティングディレクターのステファノ・クレアが登壇しました。 弊社DNV GLの海外事例を紹介するとともに、ビッグデータやデータアナリシスを使った来るべきマネジメントシステムの未来についても触れさせていただきました。

4社が登壇したパネルディスカッションにてデータアナリシスやAI等の先進テクノロジーの食品安全管理について忌憚のない議論が交わされました。

その後、懇親会が開催され、参加者同士の活発な情報交換がで盛り上がりました。

____________________________________________________________________

□プログラム   ※下部リンクより資料ダウンロードできます
          (参加者/御希望の方にはPWを発行致します。)
____________________________________________________________________

『食品ロスの削減とリサイクルの推進』pdf_banner
農林水産省 : 食料産業局 バイオマス循環資源課 鈴木 健太様

『世界の食品安全の動向』 pdf_banner
The Consumer Goods Forum : ジェネラル・マネージャー 朝長 哲様

『ビックデータ:食品安全の改善』 pdf
DNV GL Business Assurance Group AS:
グローバル・マーケティングディレクター ステファノ・クレア

パネルディスカッション
「ビックデータ:食品安全の改善」
____________________________________________________________________

ご質問・お問い合わせは
神戸事務所(本部)【受付時間 土日祝を除く9:00-17:00】 078-291-1321 または japan.info@dnvgl.comまで
お気軽にお問い合わせください。


■DNV GLについて
DNV GLは、150年間続くあらゆるリスクマネジメントに関する様々な活動を行う先駆的国際機関として、世界100ヶ国以上、300の事務所、85もの様々な国籍を持つ16,000人のスタッフが認証、アセスメント、船級等々の分野でサービスを提供しています。積極的に研究開発へと継続的に投資しているため、従業員は高度な専門性と資格を有する集団としてサービスを提供することが可能となっています。