dnvgl.jp

Breadcrumbs

Technology Outlook 2025

SHARE:
PRINT:
Technology Outlook 2025
来るべき未来のテクノロジーについてDNV GL Research & Innovationが考察した「Technology Outlook 2025」を公開しました。
  • Published:
  • Author:
  • Keywords: Business Assurance, Oil & Gas
technologyoutlook2025

DNVGLは、次の10年間で起こる技術的革新とテクノロジーがもたらす未来について考察したレポート「Technology Outlook 2025」を公開しました。

DNV GLは、5年ごとに「Technology Outlook」を上梓しています。この報告書は、我々が取り上げるセクターが次の十年で、どのような技術革新が起こり、それによって我々がどのように影響を受けるのかを纏めたものです。

「我々が全体として世界経済が減速している今日、技術革命が急速に起こっていることを信じるのは難しいかもしれません。ですが、DNV GLの見解は、IoTのような技術発展によって、あらゆる産業において新時代が到来している、と見ています。」とレミエリクセンDNV GLグループ代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)は述べています。

情報のデジタル化は、既存のプロセスや機能の自動化を促進し、製品の安全性を高め、環境配慮された社会に寄与するでしょう。船舶セクターでは、船が高精度なセンサーによって集められた数々のデータの集積地になると考えています。実際、船舶のコンピュータ制御化は、自動車産業のそれと呼応する形で、初期スペースシャトルよりもコンピュータ制御されたものになっています。衛星通信の進歩は、通信接続状態を向上させ、ますます低コストで転送されるデータ量の増加を可能にしています。

次の10年には多くの変化が訪れます。3Dプリントのような高速プロトタイピング技術よって、例えば船舶用スペアパーツ等、一つ一つのカスタマイズされたパーツが迅速かつ廉価作られるようになるでしょう。また、リサイクル材料から循環経済モデルが普及することも可能でしょう。

また、発電に関して、大型発電所が、現在の世界の電力配電システムを構成しています。しかし次の10年間で、企業のための大規模な再生可能エネルギープラントと、消費者のニーズによって繊細なコントロールができる小規模発電グリッドのハイブリッドな形へとなっていくでしょう。

「Technology Outlook」は、海運、エネルギー、ライフ・サイエンスにフォーカスし、各セクターにおいて、経済動向、地政学的動向、人口統計の変化の予測に基づいて来るべき2025年のための議論の素地を形成することを狙いとしています。

デジタル/ネットワーク化は、一つの共通の軸になるでしょう。特にアジアでの技術の進歩は、次の十年以降の世界的な技術革新にとって、大きな貢献をもたらします。 1980年代には、世界的な経済活動の理論発信は米国と欧州の間で起こりました。 2025年までに、その場所はアジアに移動することになるでしょう。

レミ・エリクセン:
「Technology Outlook2025は、テクノロジーにおけるある一つの可能性を示しています。これは、最先端技術の調査レポートではなく、包括的な実現可能であろう方向性を見せているものです。次の10年間で実現可能なテクノロジーを考察しています。私たちの見解は、今後10年間のあいだに実現し​​実装される技術となることです。海洋技術から再生可能エネルギー、自動車自動運転のようなものまで、テクノロジーの進化によって世界の様相は今後10年で大きく変容することになるでしょう」


関連情報:

WEBサイト to2025.dnvgl.com



DNV GL Research&Innovation:

DNV GLのResearch & Innovation(R&I)は、積極的に研究開発へと継続的に投資し、新しい知見やサービスを通じて、DNV GLの全体的な戦略をサポートしています。