dnvgl.jp

気候変動リスク

Light bulb in green grass

Contact us:

ご質問 ・ お問い合わせは、神戸事務所(本部)【 時間 (土日祝除く) 午前9:00 - 午後17:00 】078-291-1321

お問い合わせメール

DNV GLは、投資家や資産運用会社、そして企業による気候変動リスクと財務業績への機会の見極め・管理・情報開示のためのサポートを提供いたします。

金融市場は、企業のポートフォリオにおける気候変動リスクの影響評価をますます重要視するようになってきています。そのため金融安定理事会(FSB)の気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言における近刊では、市場が必要とする効果的な情報開示を企業が実施するにあたってのガイダンスを提供しています。 TCFD提言は、年金などのアセットオーナーおよび資産運用会社を含む、上場株式や債務を有するすべてのG20諸国に適用されます。低炭素経済への移行により、物理的リスク、移行リスク、および負債リスクは避けられない状況ですが、これらは財務的なアウトパフォーマンスとなる機会と捉えることもできます。DNV GLは、以下の活動に際し、アセットオーナー、資産運用会社及び事業者をサポートします:
• 短期的、中期的及び長期的にポートフォリオまたは企業のパフォーマンスに影響を与える重要な物理的リスク及び非物理的リスクと機会の特定
• 気候変動リスクの潜在的な財務への影響の評価
• ガバナンスの枠組みを含む気候変動リスクと機会を管理するための計画の策定および実施
• 気候変動リスクとリスク管理プロセス及びツールの統合
• TCFD提言と投資家からの期待への対応能力の評価
• 自社/ベストプラクティスに対するベンチマーク
• 気候変動リスクの影響を測定するための適切な指標の策定
• 報告と保証を通じたステークホルダーへの気候変動リスクの情報開示支援
• 財務、IR、リスク管理、監査などの主要な機能のトレーニングを通じた気候リスクへ対応能力の向上
• (グリーンボンドなど)グリーンファイナンスメカニズムの活用のための診断




気候変動リスク開示へのアプローチ

TCFD提言レポートが公開されて以来、企業がその対応において何をすべきかについて、多くの議論と困惑がありました。これまでの投資家との我々のディスカッションに基づいて、DNV GLは下記のアプローチで気候変動リスクと機会の開示に対応する企業を支援します。

気候変動リスク







お問い合わせ
ご質問・お問い合わせは
神戸事務所(本部)【受付時間 土日祝を除く9:00-17:00】
078-291-1321または japan.info@dnvgl.comまで
お気軽にお問い合わせください。

Contact us:

ご質問 ・ お問い合わせは、神戸事務所(本部)【 時間 (土日祝除く) 午前9:00 - 午後17:00 】078-291-1321

お問い合わせメール

ご興味に沿った関連サービス: