dnvgl.jp

気候変動リスク

Light bulb in green grass

Contact us:

ご質問 ・ お問い合わせは、神戸事務所(本部)【 時間 (土日祝除く) 午前9:00 - 午後17:00 】078-291-1321

お問い合わせメール

DNV GLは、企業の気候変動リスクへの対応や事業継続サポートといった気候変動に係る全方位的な戦略アドバイザリーを提供いたします。

DNV GLの気候変動戦略アドバイザリー

1) CDP回答支援サービス
2) TCFDシナリオ分析支援サービス
3) BCP(事業継続計画)策定支援サービス ~物理的リスクへの対応~
4) トランジションファイナンスの活用診断サービス ~移行リスクへの対応~
5) 非財務情報開示支援サービス




1) CDP回答支援サービス

CDPは、世界の企業に「気候変動」「ウォーター」「フォレスト」「サプライチェーン」といった非財務情報の開示を促し、その回答を分析・評価・公表しています。CDPの評価は、企業の環境問題への取り組みを表す主要な投資指標になっていることから、CDP質問書への回答の重要性は、企業価値向上の観点からますます高まっています。 DNV GLは、企業がCDP回答で高いスコアを獲得するため、企業の取り組みを正しく適切に伝えるための回答作成支援、評価結果分析、環境対策に係る取組改善をサポートします。




2) TCFDシナリオ分析支援サービス

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)は、企業の気候変動への取り組みに関する情報開示を求めています。このTCFDの最終提言を受けて、金融市場は、企業活動における気候変動リスク(物理的リスク・移行リスク)の影響をますます注視する方向にあります。

DNV GLは、急激な気候変動による物理的リスク及び低炭素経済への移行に伴う移行リスクの評価、シナリオ分析、事業(財務)インパクト評価等を通じて、気候関連財務情報の開示へ取り組む企業を支援します。




3) BCP(事業継続計画)策定支援サービス ~物理的リスクへの対応~

近年の気候変動による異常気象は、年々甚大化しており、暴風雨や洪水によるプラント設備損傷やサプライチェーンの寸断による減産は、企業にとって無視できない経済的損失を与え始めています。企業には、突発的・慢性的な気象災害からの事前の備えとして事業継続計画が求められています。 DNV GLは、企業が事業継続計画を策定する際の、基本方針、事業影響度評価、リスク管理体制、BCP発動時の対応方針など実効性のあるBCPの策定を支援します。




4) トランジションファイナンスの活用診断サービス ~移行リスクへの対応~

2015年のパリ協定以降、エネルギー政策の転換が世界的に拡大しており、化石燃料に依存する資産を移行リスクとする認識が高まっています。一方でESG投資が世界的に急拡大しており、金融市場は気候変動問題に取り組む企業に対して、積極的に資金を提供する方向にあります。 DNV GLは、グリーンボンドをはじめとするサステナブルファイナンスの外部評価機関の実績から、低炭素経済への移行を目的とする投資を検討している企業に対して、トランジション(移行)ファイナンスの活用の可能性に関する適切なアドバイスを提供することが可能です。




5) 非財務情報開示支援サービス

欧州では、開示すべき非財務情報の範囲と透明性の確保、信頼性・比較可能性・関連性の観点で大きな問題はないかなど、様々な議論が進んでいます。いずれも近い将来、気候関連リスクを含む非財務情報の開示は法制(義務)化の方向に進むと予想されています。 DNV GLは、サステナビリティレポートの第三者評価の実績とGRI(Global Reporting Initiative)のスポンサーの立場から、GRIスタンダードの報告原則に基づいた非財務情報の開示方針、マテリアリティ情報の特定、適切な開示指標やデータ項目について企業を支援します。





お問い合わせ
ご質問・お問い合わせは
神戸事務所(本部)【受付時間 土日祝を除く9:00-17:00】
078-291-1321または japan.info@dnvgl.comまで
お気軽にお問い合わせください。

Contact us:

ご質問 ・ お問い合わせは、神戸事務所(本部)【 時間 (土日祝除く) 午前9:00 - 午後17:00 】078-291-1321

お問い合わせメール

ご興味に沿った関連サービス: