dnvgl.jp

OHSAS 18001 - 労働安全衛生

DNV GLはRvA認定付きのOHSAS18001を発行が可能であり、また同時にJISHA方式OSHMS評価認定機関でもあります。結果、DNV GLは日本の認証機関の中で認定付OHSASとJISHA方式適格OSHMS審査行える唯一の機関となり、従来OHSAS18001の認証をお持ちの企業がJISHA-OSHMSもお求めになる場合でも、同一認証機関による最小の付加コストというメリットを享受して頂けます。

Contact us:

ご質問 ・ お問い合わせは、神戸事務所(本部)【 時間 (土日祝除く) 午前9:00 - 午後17:00 】078-291-1321

お問い合わせメール
SHARE:
PRINT:
OHSAS 18001

OHSAS18001とは


OHSAS18001は、従業員の安全と健康を管理・改善するための労働安全衛生マネジメント規格です。国際標準規格ではありませんが、DNV GLを始め、ヨーロッパ10カ国の機関が個別に開発した規格をもとに、ISO9001およびISO14001の共通の考え方を盛り込んで制定された、国際的に使用されている認証規格です。この規格の特徴は、安全衛生リスクをロス(損失)にならないようにパフォーマンス(成果)を求めていることです。このOHSAS18001のシステムアプローチを、安全のみならず企業のリスクマネジメントに応用している企業が増えてきています。OHSAS18001は、いくつかの側面からマネジメントシステムを評価します。適用の範囲は、その企業の労働安全衛生方針や企業活動の性質、活動が行われる状況によって左右されます。マネジメントシステムの成功は、以下の要件に基づきます。

・その企業に適した労働安全衛生方針
・労働安全衛生リスクの特定および法的要求事項
・継続的改善が確実にできるような目的および目標、プログラム
・労働安全衛生リスクを管理するマネジメント活動
・労働安全衛生システムのパフォーマンスの監視
・システムの継続的な見直しおよび評価、改善

など

OHSAS18001認証・運用の効果


マネジメントシステムを構築すると、企業が労働安全衛生のリスクを予防的に管理できるようになり、企業としての業績を向上させることができます。また、社員の健康と安全を確実に守ることを示すことができ、企業イメージを向上させ、高い能力を持った人材の関心を引くことができます。
体系的かつ有効な労働安全衛生マネジメントシステムにより、リスクと損失を減らすことができます。

・職場の危険要因を予防・管理することにより、人員の負傷数
・主な事故の発生リスク
・事故や生産の中断による物質的損失
・保険コストおよび社員の欠勤により発生するコスト

など社員を守る努力により、さらに従業員の意欲が増します。
自社の社員に対してだけでなく、取り巻く環境にとっても業務の安全を保つように積極的に努力していることを、顧客に証明することにもなります。



お問い合わせ
ご質問・お問い合わせは
神戸事務所(本部)【受付時間 土日祝を除く9:00-17:00】
078-291-1321または japan.info@dnvgl.comまで
お気軽にお問い合わせください。