dnvgl.jp

浮体式洋上風力発電の業界ワークフロー

浮体式洋上風力発電は、風力発電の新たな境地に可能性を開き、よりクリーンなエネルギー供給への移行に重要な役割を果たし、洋上風力発電の発展に大きく貢献しています。DNV GLは、安全で信頼性が高く、コスト競争力のあるプロジェクトを開発するためのデジタルツールとガイダンスを提供することにより、浮体式洋上風力発電の商業化を可能にします。

OWT用DNV GLソフトウェアパッケージを使用して、浮体式サブストラクチャーをSesamでモデル化し、流体力学的性質を決定することができます。その後、Bladedでフローターと風力タービンの完全なシステムの結合解析に使用されます。その出力は、Sesamで浮体式サブストラクチャーの解析に使用、Simaで係留とケーブル設計に使用、タービン設計でBladedを使用し実行することができます。